ジョニーデップの『スイニートッド』を観たが、監督ティムバートンの悪ふざけが過ぎる!グロ過ぎる! - 津川雅彦『遊び』ぶろぐ −サンタの隠れ家−

ジョニーデップの『スイニートッド』を観たが、監督ティムバートンの悪ふざけが過ぎる!グロ過ぎる!

床屋ヲ開業するジョニーデップは剃刀デ客ノ喉ヲ、
スパスパ切りまくり!喉はパックリ割れて血しぶきガ飛び、ジョニーデップは頭から血みどろニナル!被害者十数人!都度ボキッと首の折れる音と共に二階カラ地下ヘ!頭カラ真っ逆さまニ落とサレル!
バラバラ死体はミートパイにし、子供ニ喰わせる!口カラ指ノ切れ端ガ出テ来テ吐きそうニナル!更ニ精神異常者ノ妻ノ喉モ掻き切り!恋人を焼却炉に放り込み、火だるまニシテ焼き殺す!最後にジョニーデップは子供ニ首ヲ切られ、
血をピユーピユー吹きナガラ死ぬ!
勿論R15ダガ、コノ映画ヲ確実ニ喜んでるノハ、
最近続出シテル、人殺しヲしたくて、街ヲうろうろ徘徊シテル精神異常者とティムバートンだろうガ〜

「追記」
同じ映画を創っている者同士として、他人の映画をとやかく言いたくないが、映画がヒットしてなきゃ、それ自体で観客が批判してる事になるから、それ以上の批評はない〜が、
びっくりする程の大入り満員だったので、
、批判の価値ある化け物映画と思った!
ジョニーデップフアンは真っ青だろう!
さあ!沢山の賛否のコメントが楽しみだ!

written by : 津川雅彦 : 2008年1月21日 01:03
| コメント(7) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ジョニーデップの『スイニートッド』を観たが、監督ティムバートンの悪ふざけが過ぎる!グロ過ぎる!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.santanokakurega.com/mt/mt-tb.cgi/54

コメント記入の注意事項について
  • 明らかにこのブログに関係のない内容の書き込みはお控えください。
  • 不特定多数の方が読まれる事を前提としていますので、特定の人物を中傷する書き込み等は禁止致します。
  • 自分のまたは他人の住所や電話番号といった個人情報は書き込まないでください。
  • メッセージの内容によっては当方の判断で予告無しに削除する事がございます。ご了承下さい。
  • ルールをお守り頂けない事により生じたトラブルについては当ブログでは責任を負えませんのでご注意下さい。

コメント(7)

はじめまして~!
今朝、ニュースで津川さんがメガホン取られると聞き嬉しくて遊びに来ました。

スウィニー・トッドは予告からして怖いので・・・見にいきません。
多分満席なのはジョニー・デップが人気だからではないでしょうか?

ホラー作品は精神異常者を喜ばせるような事があるので正直やめてほしいですが、表現の自由なんでしょうね。

津川さんの映画楽しみにしてます!

はじめまして
初めてコメントさせていただきます。

私は『スイニー・トッド』は見ないことに決めました。狂気の沙汰だと思いました。
このような映画が公開されて、もし人気なのだとしたら、なんだか悲しいしそんな世の中が怖いですね。

やっぱり、私は糧になるというのか… 表現しにくいのですが、心に響く映画を見たいです!

こんばんわ★
ジョニー・デップって『パイレーツ・オブ・カリビアン』に、出てた人ですか??
『スイニートッド』と言う映画、予告編を見る限りでは、例え津川さんが誘って下さっても、見たくないですネ(-_-;)
何か発狂しそうで、怖いです。

絶対まねして、殺人とか犯す人、出てくるんだろうな…。

まあ、なんて残虐な・・・。そんなに凄まじいまでのシーンの数々とは、知りませんでした。
そしたら、映画『スイトニートッド』の唯一の救いはジョニーデップの歌声なのでしょうか。
ティムバートン監督とジョニーデップのコンビの『シザーハンズ』は、とっても楽しめた映画だったのに!

初めましてm(__)m
水曜日に成人しているお子と「スイニートッド」を観てきました。
確かに、血は流れます。
いくらか、不気味さもあります。が、
とても意味深い映画だと思います。
もちろんミュージカル!としての娯楽性はあります。
血が流れるまでは、素敵なミュージカルです。
音楽もとても素敵でした。
流れる血も、色々種類がありました。
そして、あの女性が最初に夫人の事をきちんと教えていれば、あんな残酷なことは起きなかったであろう!と。
ラストのあの場面で、首を少し上にあげて、、さぁ!という感じから、ラストまで、、、切なかったです。
まだ、あの素晴らしい音楽が耳に残っています♪

旦那さんが、チケットを貰ってきたので。このコラムを知らずに行きましたが。あまりにも、気持ち悪くて旦那さんは、途中退場でした。私は、最後まで何か救いのある場面がないか探したけれど。皆無だったけれど。あーいう映画を、アメリカでは年齢制限なしで見られるのかな?見られるのであれば、例えば殺人や戦争をを推奨しているとしか思えません。日本は、映倫があるから。少しは、マシなのかな?アメリカは、著作権には目を光らせているけど。日本でいう映倫みたいなものは、ないのかしら?ないとすれば、すごく不思議に思いますよね。

うーん、グロかった(;一_一)
せっかく三日遅れのバレンタインで会って丸の内ピカデリーの2階の一番前のど真ん中で見たのに、グロすぎて結構気持ち悪くなった(-"-)
とっても見やすい席で、グロい場面をこれでもかと思いっきり見てしまった。

でもこれはこれで良いのだろう。
他の人のコメント見たけど過剰反応じゃないかな?あえて言うと、津川さんの意見に迎合し過ぎ。
見せる方も見る方も大人として自己責任でよいのでは?R15には賛成だけどね。
ただかなりグロい映像が連続する旨を前もってディスクローズすべき。自己責任で意思決定するためにも。

コメントする

プロフィール

津川雅彦

名前:津川雅彦
生年月日:1940年1月2日
出身地:京都市

携帯で見る

QRコードを携帯で
読み取って下さい。

最近の書き込み

このページは、津川雅彦が2008年1月21日 01:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「僕は、ちょっと糖尿の気ありだが〜」です。

次のブログ記事は「『旭山動物園』は ディズニーランドを凌ぐ日本発の テーマパークだ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

グランパパホームページ
グランパパオンラインショップ
グランパパオンラインショップ
グランパパ青山店

住所:東京都渋谷区神宮前5-51-8
ラ・ポルト青山2階
電話 03-6419-9678
営団表参道駅+徒歩4分