兄の妻、南田洋子の、介護ドキュメントが、朝日テレビで放映された。放送局が大宣伝したせいか22.9%も視聴率があった。介護への世間の関心の高さも伺われた!

昨日!女性セブンと言う、いかがわしい週刊紙から『弟の津川がなぜコメントを出さない!
緒形拳の時はコメントしたじゃないか!
兄弟仲が悪いのか?』と随分馬鹿げた質問があった!
南田洋子は亡くなった訳じゃない!
無礼者め!
非常識な質問をしよる!
この頃のジャーナリストは、カップラーメンの値段を知らない麻生に、庶民感覚がないなんて衆愚に媚びる!
インテリジェンスのない胡散臭い連中だ!
相手は野次馬のがらっぱち!
無視するに限る!
一方、先日『悟の娘』と言うお嬢さんから、ぼくのぶろぐに抗議のコメントが入った!
『父は知的な魅力のある南田洋子さんのファンでした!
あんな姿見たくないと泣いてます!
あなた方はファンの憧れを大事にするべきです』と…。
ぼくも憧れのオードリー・ヘップバーンが、
年取ってスピールバーグの映画に出た時は、
がっかりして、監督に抗議したいくらいだったから、お気持ちは良く解る!
だがヘップバーンは、今の自分がお役にたつなら、うれしいと出演した!
綺麗な女優さんだからこそ、年を取れば美貌の衰えが目立ち、イメージを壊す!
原節子さんのように、全てのマスコミから姿を消してしまう勇気ある人もいた!
ヴィヴィアンリーのように、アル中になり醜態をさらけ出し、最後はトイレの掃除夫となり、便所の中で倒れ、亡くなった!
それもこれも人生いろいろ!
セラヴィさ!
憧れはいつか壊れる!特に美は儚く消えやすい!
だからこそ、美しさが映える!
花火を華々しく感じるのも、そのせいだ!
男はみんなそうだが、テレビを観て泣いてくれた悟さんは、子供のような心を持つ可愛いお父さんだ!
女優は虚像!ドラマはエンターテイメント!
お嬢さん!ご心配なく、お父さんもこの一件で美の儚さを学ばれ、酸いも甘いも噛み締めた、素敵な大人になられると思うよ!
あのドキュメントは南田洋子本人も了解しての事。今の彼女は、昔のファンを失望させない為に、画面から一生消える事は選らばない!
女優と生まれた限り、いつまでもお役に立ちたいと熱望するシビアな心境にいる!
それも一つの女優根性!
原節子さんのように、ファンを失望させない老後を選ぶのも自由!
南田のように生きるのも自由!
だからぼくも、ヴィヴィアンリーと結婚するんだと見た夢を『陽の当たる場所』で、すぐにエリザベステーラーに乗り換えた!
これもファンの自由!
お客様は神様と言ったのは、三波春夫さんだが、あくまで目標であり本音ではない!
我々文化人は見る人を元気にするのが目的!
長門裕之も女房の介護をする、世の男性達を励ましたくて、やったに違いない!
最愛の女房との、
これからの接し方も又、真実の愛だと伝えたかったのだろう!

written by : 津川雅彦 : 2008年11月12日 17:44
| コメント(18) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 兄の妻、南田洋子の、介護ドキュメントが、朝日テレビで放映された。放送局が大宣伝したせいか22.9%も視聴率があった。介護への世間の関心の高さも伺われた!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.santanokakurega.com/mt/mt-tb.cgi/140

コメント記入の注意事項について
  • 明らかにこのブログに関係のない内容の書き込みはお控えください。
  • 不特定多数の方が読まれる事を前提としていますので、特定の人物を中傷する書き込み等は禁止致します。
  • 自分のまたは他人の住所や電話番号といった個人情報は書き込まないでください。
  • メッセージの内容によっては当方の判断で予告無しに削除する事がございます。ご了承下さい。
  • ルールをお守り頂けない事により生じたトラブルについては当ブログでは責任を負えませんのでご注意下さい。

コメント(18)

うんうん・・・とうなずきながら読ませて頂きました。私は、テレビの番組を見そびれたのですが、ワイドショーかなにかで、そのお話を知って、番組のHPに再放送をしてほしいと書き込みをしました。そこにあった映像を少しみたのですが、美しくて賢い語り口調の素敵な女優さんだった南田さんが、あのように映像に映るのはファンの、特に男性ファンの方は色々想うところもあるかもしれませんが、私はむしろ、美しい夫婦愛を見たと思ったし、献身的な長門さんの様子にも感動しました。そして、長門さんに接している時の南田さんの様子から、そこに本当に心底信頼しあっている夫婦像を見たと感じています。

私も、母が大病でモルヒネのせいで少し様子がおかしかった時期がありました。とてもあでやかな女性でした。父は長門さんのように当時看病していました。わたしの場合はすでに両親とも早くに他界しておりますが、これからは長生きしながらも、アルツハイマー、痴呆、それ以外の寝たきりになるような・・と、さまざまな病と家族共々闘っていく人たちが益々増えるように思っています。
そして、昔とちがってインターネット、そのほかの媒体でなんでもタイムリーに一般に伝わっていく時代です。あえて、ご自分達からあのように番組にすべてをみせたのは、俳優さんというより、マスコミの中にいらっしゃる方、そしてもっとも一般人が身近に感じる俳優さんご夫婦のお話だからこそ、意義を感じています。結果的には、本当に貴重な社会貢献ではないでしょうか。私はそう思います。
長門さん主演の「夢のまにまに」のHPで予告を見ましたが、ほんとうに良い表情で演技されているようで、とてもいいなあと思っていました。素敵な方だと思いました。日々のことであり、お仕事もあり・・・で、長門さんもお疲れかもしれません。ご自身のお体もご自愛なさってほしいと思っています。長文で申し訳ありません。

お兄さんご夫妻の社会貢献はすばらしいと思います。メディアに取り上げてもらえる存在だからこそ、社会に対して何らかの意見を発信することができる。その意見もあらゆる人が直面する可能性のある話題である。人は誰でも歳を取る、そして誰かの助けが必要になったりする。これは現実である。
夫婦のどちらかが支える、子供が支える、家族が支えてくれる人たちはまだ幸せである。誰も支えてくれずに孤独なまま亡くなっていく人たちも最近は増えてきたらしい。そして、腐敗して匂いで近隣住民からの通報で亡くなっていることがわかることも多い。
ちょっと、ずれてしまったが、テレビというメディアはプッシュ型コンテンツと呼ばれる。いわゆる押し付けメディアだ。ネットとか雑誌とかは自分から開かないと見れないのでプル型コンテンツと呼ばれる。プッシュ型コンテンツであるからこそ、目にしたくないものも飛び込んでしまうという特徴を持っている。南田さんを見たくないって意味もわからないではないが、目をそむけてはいけない事実であり、夢を与える存在であったことも事実。だがあこがれであったとしても人間であるのだから、誰もが歳をとり、しわくちゃになっていく。
夢を作るメディアでもあるが現実をそのまま映し出すメディアでもある、それがテレビというメディアである。
こんな私は見てほしくないという人は、出たくないという意思を示せば今は犯罪者以外は映像を流されることはない。南田さんと長門さんは放送されて社会としていろいろ考えてほしいという考えだと思います。
尊敬いたします。

文を読んでいるというより、津川さんの声が聴こえてくるかのようです(笑)
元気をいただきました!

おはようございます。私も、「徹子の部屋」とドキュメンタリ拝見いたしました。長門裕之様と南田洋子様との、素敵な時間が流れているんだなと思います。夫婦だから、わかり合える時間があるのだと思います。長門裕之様には、体調管理を充分気をつけて下さいとだけ伝えて下さい。もちろん、津川オーナーもですよ。

仰る通りです。
夢を与えることだけが女優ではない!

私には失望どころか、愛しく、美しく見えました。
私の母も同じ病気で、家族で介護しています。母の病気のおかげで、いろんな事に気付き、勉強になり、今はとても感謝しています。介護15年目を迎え、ますます母が愛しく、大切な存在になっています。

本当におっしゃる通りです。心から賛同します。

緒形拳さんのファンです。
もちろん、昔から津川さんも観ています。
「寝ずの番」は素晴らしかった。

さて、このブログでのコメント、全面的に賛成です。
人は現実から目をそむけてはいけない時があります。

また、他の人に勇気を与えようと決心する時もあります。

今回の長門さんの決心は尊いものです。

この出来事を商売にしているマスコミに踊らされる必要はありません。

いつものように泰然自若としていてください。

それが津川さんらしいです。
人間として最近の津川さんは若輩者の自分から見ても素敵に思います。
かくありたいと思います。

人生観は人それぞれですが、
美貌が衰えて行く過程も全部ひっくるめて
女優自身の人生だと思うので、
南田洋子さんにはこれからもファンの前に
姿を現し続けて欲しいです。
発する言葉は少なくても、
その姿は非常に多くを語ると思います。
その姿を見て中にはファンを辞める人もいるかもしれませんが、
同時にそれ以上に多くの人が新たなファンとなって
陰に陽に彼女や長門さんを支える存在になると思います。

口さがない週刊誌など相手にせず、
益々のご活躍を期待しております。

津川さんのファンで、よくブログを読んでいます。
この度の長門さんご夫婦のドキュメンタリーを見て、長門さんの献身的な介護に奥さんへの愛情が感じられ、涙しながら南田さんは幸せだな~と思った番組でした。
私の父も60半ばですが、昨年『アルツハイマー』と診断され母が1人で介護をしています。
長門さんの番組を母と父で見たようで、父は母に『可哀想だな~。大変だな~。おまえも気を付けろよ』と自分が同じ病気だと感じているのか否かと母が言っていました。
介護する側も介護される側も愛情があってからこそ、出来る事だと母や父・長門さんご夫婦を見て感じています。
いずれ我が身も…と主人と話していますが、ど~なる事やら(^_^;)
津川さんご夫婦も、お兄さんご夫婦の様に仲睦まじく過ごして下さい。
いつまでも、応援しています(^^)/

私も拝見しました。『真の夫婦愛』を感じました。『老い』について考えさせられました。
子どもがいない私たち夫婦にとって決して他人ごとでなく長門さん南田さんご夫妻のように真剣に向き合って介護しながら過ごせるだろうか?切実に感じました。
長門さんの勇気と愛に励まされました。ありがとうございます。

長門さんも津川パパもご自愛くださいませね。

津川さんこんにちは!

初めてコメントさせて頂きます。
長門裕之さんと南田洋子さんご夫妻のドキュメント見させていただきました。
私の表現が病気の南田さんに対して相応しいのかどうかわかりませんが…あの番組を拝見して物凄くあったかい気持ちにさせてもらえました。長門さんと南田さんの絆に感動し感心いたしました。

いつもブログ拝見させていただいてます。
津川さんもお体お気をつけてお仕事がんばってください。

初めまして。

いつも応援していますよ~。
お仕事頑張ってくださいね!

また遊びにきますね。

 まず、驚いた。津川さんがブログをしていたとは!。さて、このコメント欄を読むと、番組に共感しているようですが、津川さんが、女優さんに「特殊な幻想」を抱いていることに私は、共感しました(笑)。実は私もオードリーの「いつも二人で」を見た時、軽く(相当?)ショックを受けました。アイドルは、ある意味で、そのような「幻想」を商売にしている訳で、我々はわかっていながら、その「幻想」を楽しむので、どっちもどっちですね。しかし、「虚像」と言い切れる、津川さんの「悟り方」に、有る種のうらやましさを感じます。オードリーとリズが、好みですか・・・

長門さん夫婦の番組、心に残りました。
長門さんの南田さんに対する愛の深さに本当に感じ入るものがありました。

ほんとにすてきな夫婦だと思いましたよ。
私の目には、お二人がとてもかわいらしく、美しく映りました。

そして、普通は世間体を気にして隠しがちにされそうなことを公表されて、なんと勇気があり、尊いことだろうと思いました。

長門さんは誰もが通る老いという現実のありのままを見せることで多くの人に老いについて考える機会を与えられたと思います。

最近では緒形拳さんの最期からも強烈な感動を受けましたけど、このたびの長門さんの勇気ある行動と美しい夫婦愛にも深い感動を覚えました。

(長門さんの優しさとおちゃめさがちょっとツボでした。)

今頃のコメントですが、母と番組見ました。
母も私も、祖母の介護をした経験があります。
ひどい痴呆症でした。最初は大変でしたが
幸運なことに、3ヶ月で治ったんです。
それから3年一緒に暮らしました。最後は
寝たきりでおしめを変えたり、食事をあげたり
と私もやりました。
あの番組は、放送してよかったと思います。
女性セブンの記事も読みましたよ。南田さん
の姪っ子さんがインタビュー受けてましたよね
ああいう雑誌は、あることないこと書くものです。
気になさらないでくださいね。

津川さんこんにちは。私はまだ12歳ですが、長門さんや南田さんの大ファンです。この前、徹子の部屋を見ていたら、長門さんが南田さんは認知症だと言うことを話してたのを聞いて、大変驚きました。三船敏郎さんやチャールズ・ブロンソンさんは、晩年は認知症だったことを知って大変ショックを受けましたが、南田さんが認知症だったことを知った時はものすごくショックを受けました。読売新聞の記事に書いていたことで、介護できる毎日を「とても幸せ」「できることは何でもしてやりたい」と言う長門さんの言葉に感動しました。津川さんも体に気をつけて頑張ってください。

ドキュメント番組、録画していまでも見ています。いろいろと考えがあると思いますが、私は感動しました。そしてご夫婦の仲睦まじさに憧れました。

私は南田さんの若かりし頃を存じ上げませんでしたが、この番組で昔の南田さんの姿を拝見してあまりの美しさに見とれてしまいました。
介護をしながら女優業をされていたということも知って同じ女性として本当に脱帽でした。
人はだれしもが生まれ・・それぞれの生活を送り・・・そして老いていくとは思っていますので、長門ご夫妻の生活を拝見して、とても自然で素晴らしい人らしい生活をされていると感じました。そして何より洋子さんのかわいらしさ!ご主人に甘えていらっしゃる姿はとても憧れてしまいました。長門さんも持病があられるということで大変なことも多いかと思いますが・・・どうか仲良く・・・おからだに気をつけてお過ごしください、とお伝えください。

コメントする

グランパパホームページ
グランパパオンラインショップ
グランパパオンラインショップ
グランパパ青山店

住所:東京都渋谷区神宮前5-51-8
ラ・ポルト青山2階
電話 03-6419-9678
営団表参道駅+徒歩4分