2月7日封切りの映画『旭山動物園物語』の出演してくれたライオンとゾウが相次いで、亡くなった…

東武動物公園のライオン・リキヤくんの出番は、
映画の中では、夜行性の動物を、お客様に観てもらいたいと、
夜の動物園を始めたその日に雨が降り、
二人しか来なかった客を帰すまいと、
飼育係が取り囲んで、必死にライオンの説明をするシーンで、
リキヤくんが雨にもめげず堂々と出演し、その勇姿を披露してくれました!
釧路動物園の象のナナちゃんは、飼育係の長門裕之とトップシーンから最後まで沢山出演し、重要な役割を、その雄壮な容姿で果たしてくれました。
映画を御覧頂いた方には、『ああ!あれがナナちゃんか』と、必ずお分かり頂くと思います!
そのナナちゃんが亡くなったとは、私も兄の長門も哀しんでおります!
ナナちゃんの担当の川上さん!
そしてリキヤくん担当の下さん、
さぞお気を落としていらっしゃると思います!
ナナちゃん、リキヤくんのご冥福を祈ります。
合掌!

written by : 津川雅彦 : 2008年11月16日 13:39
| コメント(62) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2月7日封切りの映画『旭山動物園物語』の出演してくれたライオンとゾウが相次いで、亡くなった…

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.santanokakurega.com/mt/mt-tb.cgi/141

コメント記入の注意事項について
  • 明らかにこのブログに関係のない内容の書き込みはお控えください。
  • 不特定多数の方が読まれる事を前提としていますので、特定の人物を中傷する書き込み等は禁止致します。
  • 自分のまたは他人の住所や電話番号といった個人情報は書き込まないでください。
  • メッセージの内容によっては当方の判断で予告無しに削除する事がございます。ご了承下さい。
  • ルールをお守り頂けない事により生じたトラブルについては当ブログでは責任を負えませんのでご注意下さい。

コメント(62)

おはようございます。残念ですね。でも、天国から映画見ていてくれますよね。

こんばんは。
本日、グランパパ姫路店の最終日お世話になったお礼と最後のご挨拶に行って参りました。
(タオル持参で…)
お店の商品がほとんどなくなってて寂しく悲しい気持ちでいっぱいになり涙が溢れて止めるのに苦労しました。
津川パパ本当にたくさんの《愛と想い出》をありがとうございました。

次郎長の封切り時 コメントを入れた安芸です。

来年の2月封切りの旭山はヒヨットすると化ける

大ヒットの予感がします、前向きに考えると

三国志はソコソコでありましたがフイルムは残る

財産です、フイルムセンターへ今年、10回目

位の三国志(小堀明夫)を見に行きましたけどやっぱり良いものはいい、 森繁も若いしねーー。

津川さん もう時代劇は止めか?なんていけませんマキノ省三 その前のマキノ創設当時が時代劇なんですから、今、チラリと浮かんだのですが
三波豊和 の弥次喜多 なんかどうでしょう、?

プロ野球の事に 話を変えます が 巨人を破った 西武に感激 です ツネナベの鼻を明かして
痛快、痛快、 です

越智をあのまま投げさせての失敗ですし 対して
渡辺監督のボカチカの代打起用 思い出すと

WBSの王さんが福留の代打で成功 してからに

王座へ の流れと似てますね 岸の連投 渡辺監督の勇気 私は他のブログに 昔の稲尾を例に出し 明日も投げろ と 書きましたが 見事
期待に応えた 西武ナイン 万歳。

地球上に生きているもの全てに、目には見えないものの、魂は生き続けると思います。そう、信じています。体は終わりがきたとしても、きっとリキヤくん・ナナちゃんは、そっと映画を見守ってくれると思います。心は、生き続ける…私たちのそばに。私たちの心の中に。

初めまして~\(^^)/

ブログの更新いつも楽しみにしてます。
これからも頑張ってくださぁい~(^▽^)

津川さん!いつもあなたのブログを楽しみに拝見させて頂いております。
なかなか書き込みまではできずにおりましたが、ナナちゃんとリキヤ君に対する、あなた方の温かい思いが伝わってきて、今日は初めて書き込みをさせて頂きました。家族そろって必ず映画を見に行かせて頂きます。これからも応援させて頂きますので、お体に気を付けて頑張って下さい。
ナナちゃんとリキヤ君のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

津川さん!こんばんは。
最近ブログの更新をされていらっしゃいませんが、体調など崩されていらっしゃるのではないかと気になっております。
お忙しいからという理由なら良いのですが…
心配です…

津川さん!お元気ですか?ブログの更新、楽しみにお待ちしております。

いつも応援していますよ~。
お仕事頑張ってくださいね!
また遊びにきますね。

あら〜っ!(*_*)すっご〜く長々と切実に相談メールを綴られてた「光安さん」のメール、削除されちゃったんですね!

人ごとながら、あんまり必死さが伝わってくる内容に、我々の津川様がどのようなアドバイスを述べて差し上げるのか、とても楽しみにしてたんですよ〜(>_<)

それに辛口コメントの「よしやさん」でしたっけ?


あの人のコメントまで削除されてて…


津川様のブログは、コメントこそ書き込まなくても、全国のすごい数のファンが見てるんですよ。


あんなに一生懸命に頑張っている人にこそ、津川様の人生経験を生かしたアドバイスをしてあげて欲しかったですね(;_;)


すごく子供好きの津川様。

情に熱い津川様。


そう思って応援してきただけに、とっても失望させられた思いです(;_;)


多分このメールも削除なさるのでしょうね…


津川さんにひと言!

私にも闘病中で脱毛に悩む孫娘がおります。

光安さんのメールを読ませて頂き、そのアイデアがどのような物であるのか大変関心があったのですが。

何も削除する必要はなかったのでは?

あなたはどういった気持ちでこのブログを書いているのでしょうか?

私も失望しました。

私も彼女のメールが気になっていただけに残念です。削除する必要はありませんでしたね。

おはようございます。

昨日チェックした時より、コメントのカウントが減っていたと思ったら…

大好きな津川さんといえども、あんなに沢山の思いを綴っていた光安さんが気の毒に思えます。

別に津川さんを中傷する内容でもなかったのに。

意外とドライな方なんだとがっかりしました。

初めてのコメントです。


最近ブログの更新をされてないと思っていたのですが、しっかりとコメントは読んでいるのですね。


彼女のメールの何が気に入らなかったかなぁ?


僕は津川さんの意見、そして彼女がどんな決断をするのか知りたかったなぁ。


彼女も相談する相手を二度間違ったって事かな。

仕事から戻ってもなかなか寝つけないんで、暇つぶしメールしま〜す!

あんたもふつ〜うのおっさんっつう事ですな〜(-_-;)

俺達の仲間うちでも、あんたみたいなダンディなオヤジになりて〜って奴、結構いたのにさ!

昔の金太郎見て以来ファンだったのにさぁ?ョ

まぁ、彼女のメールは確かに長くて重かったけど、削除っつうのはないよなぁ。
削除っつうのは…

マジあんたには幻滅したぜ!!!!!

ファンを大事にしないとマジこけるぜ!

映画の観客動員数に影響すんだろうな〜

津川さん。

今のあなたなら彼女の気持ちをわかってあげられると信じておりました。

私にも娘が二人おりますが、彼女の親御さんを思う気持ちに娘を重ね合わせておりました。

誰にも相談できず、一方通行のメールになる事はわかっていても、あなたに話を聞いてもらいたかっただけだと思いますよ。

まさか削除されるとは思ってもみなかったのでは。

同世代の人間として、若い人からのSOSを簡単に無視するやり方は許せません。
あなたのお嬢さんが同じ思いをされていらっしゃると思ったら、きっとこんな事はできなかったはずです。
津川さんには失望しました。
彼女の今後が気になります。
どうか頑張って良いスポンサーに出会えますよう祈るばかりです。

こんにちわ! 何か津川さんも、いいトバッチリですよネ。私はこの相談した彼女は、ただ自分は“悲劇のヒロイン”ぶってるとしか思えません。 「社長さんの孫は運転手付きなのに…。」とか。 年商何百億だったら、そんな事当たり前だと思います。お話しを聞いてもらえただけでも、すごい事だと思いますヨ。 その社長さんのおっしゃった通り、人それぞれ“運命”というものは持っていると思います。それを生かすか殺すかは、自分次第だと思います。ビジネスとは、そんな甘いもんだとは思いません。きれい事だけでは、ビジネスは成立しません。今のこのご時世で、そうそう甘い話しはありませんヨ。私はそう思いますが…。  津川さんがコメントしなかったのは「自分の言葉で、もし彼女の人生を左右する事になったら…」とか考えたのではないでしょうか?? だってはっきり言って、そこまで津川さんも責任とれないでしょう? それとブログ削除したのも、津川さん本人とは限りませんヨ! 津川さん!風邪に気を付けて頑張って下さいネ。

先ほどコメントをされたYMさんは、恐らく大した苦労も経験されてなければ、まだ結婚も子供さんも持たれていらっしゃらない女性とお見受けしました。

確かにあなたの言われる事もわからなくはありませんが、彼女は色々苦労も経験もされてあるがゆえに、人様に対しても優し過ぎるくらい優しい方なのではないでしょうか?

ある意味YMさんぐらいドライな人でしたら、社長さんのご機嫌をとられ、このチャンスを生かす事だけ考える事もできたのでは?

私は彼女のような方にお会いしてみたいと思いましたよ。

光安さん!頑張れ!

Y・Mさんへ

何だかあなたのコメントを読んで、あなたが可哀想に思えたのは私だけでしょうか?

あまり愛情をかけて育てられなかった方のように思ったのですが…

光安さんとは全く違うタイプの方ですよね。

友達になるなら、やっぱり彼女のようなあったかい人がいいなぁ。

津川さんの事はこれからも応援してます!

私は両親からは、いっぱい愛情をもらって育ってますから、可哀想でも何でもありませんし、敢えて価値観の違う方々とお友達になるつもりもありません。 ただ私には、社長さんが出してくれなかったから、今度は津川さんに「3000万円出して下さい」と言っているように思えただけです。 皆さん、誰かを中傷する事で、ストレスを発散させているのかなぁ?  これで失礼いたします。 津川さん、スイマセンでした。

まぁまぁ、ymさんもそうムキにならなくてもいいんじゃないっすか?
僕が皆さんの意見を読ませてもらった限り、誰も本気で津川さんを非難しているようには思えませんよ。
ただこんなご時世の中、必死に頑張っている人を応援したいのでは?
ymさんも、もう少し心に余裕を持たれたらどうかな?

私も金太郎さんの意見と同じです。


このブログを見ている人は殆ど津川さんのファンですよ。


光安さんも津川さんのファンといってたし、津川さんのファンなら彼がビジネスでどんな苦境に立たされているのかぐらい知ってるはず!


みんな津川さんを心配しているのですから。


あなたこそ妙な勘ぐりはやめるべきですよ。


皆さん、色々な意見があるのは当然です。

YMさんの意見も全くわからなくもありませんが、この日本はYMさんのような考えの人間が増えすぎた結果、最近のように犯罪を犯す人間が増えてしまったように思えるのです。

昔は隣近所が互いに思い合ったり、他人の事も思いやれる人間が多かったように思います。

今は自己主義の人間が多く、自分を犠牲にしてまでも、誰かの為に必死になる人間は少なくなりました。

もし光安さんが、YMさんのように津川さんに金銭的援助をお願いしようとする人であれば、その前に今現在出会ってあるその億万長者さんに、何としても気に入られる事を選ぶのではありませんか?

私は彼女は悲劇のヒロインぶっているような人間とは思えません。

仮に自分が彼女のような立場に置かれても、そのような大物に手紙を送ったり、自分のアイデアで家族の危機を救おうなんて事はできないと思います。

なんて勇気のある人でしょうか?

なんて家族思いの娘さんでありましょうか?

久しぶりに他人の事を思いやれる人に出会えたように思います。

彼女はそのうち大成功するような気がしますよ。

私は彼女を応援してあげたいですね。

津川さんがブログをお休みされていらっしゃる間に、スゴい事になってますね〜(^_^;)

でも、こんな風にみんなで熱く意見を交わし合うって、実は大切な事だと思います(^o^)

みんな他人の事なんてどうでもいいって思ってる世の中だし、一人の女性についてあれこれ意見を出し合うなんて素敵です(^O^)

それにしてももっとY・Mさんのような冷めた意見も寄せられるかなぁと思ってたんですが、意外と日本人も捨てたもんじゃありませんよね(;_;)

やっぱり頑張っている人は応援してあげたいですよね(;_;)

光安さんてどんな女性なのかなぁ?

どんなアイデアなのか興味津々です!

何だか強くて優しい、大人の女性なんでしょうね(^_-)
確かに彼女ぐらいの度胸と行動力があれば、そのうちすごい成功を収めるのではないでしょうか?(^_-)

同じ津川さんのファン同士でもありますし、是非あなたの願いが叶うよう、心から応援してますね〜!

ん〜?削除されたコメントってどんな内容だったんでしょう?
ここ数日、目を離しているすきに、何か色々あったみたいですね。
皆さんに応援されてある光安さんって?
誰か教えて下さ〜いm(__)m

お久しぶりです、こんばんわ! 映画公開まで、あと2ヶ月ですネ! リキヤ君ナナちゃんの分まで、映画の応援します。 津川さん、お体に気を付けて頑張って下さいネp(^^)q


あっちゃ〜!彼女のその後が気になって開いたんですが、まさか削除されてたとは残念。

津川さんもなかなかブログ更新されてないし。

こんばんは。津川さん。
今日あたりブログ更新されてあるかと期待してたんですが、、、
正直言って私も、コメントを削除なさる度に何か津川さんらしくないって気がしてました。
それでもあなたを応援し続けるマリンです。

津川さ〜ん!こんばんは

たまには津川節聞かせて下さいよ〜。

今日色々意見のやりとりがあったようですが、YMって人がさも世間を知っているかのように、光安さんって人を非難してたけど、全く説得力がないっていうか、子供が大人ぶってるだけっていうか、とにかく読んでて不快な気持ちになるだけでした。

ここはやっぱり津川さんみたいな大人の男性が、ビシッと意見して下さるのが一番心に響くと思うんですけど(^_-)

早く帰ってきて下さいね!
P.S.
個人的には光安さんみたいな人好きですよ。
あなたなら乗り越えられると思うので、何とか頑張って下さいね!
YMさんみたいな子供の意見は無視するに限ります!

先程、久々にコメントさせていただき、そろそろブログ更新されているかなぁ?と思い、又お邪魔いたしました。何人かの方が、YMさん云々…とコメントしてるので(@_@;)??と思い、はじめから目を通しましたが、削除されたコメント読んでないので、私は何も言えませんが、何で津川さんはコメントを削除したのでしょうネ?? 津川さん、そろそろブログ更新なさった方がいいのでは!!(ヨケイナ事でしたネ!)

ナナちゃん、リキヤくんのご冥福をお祈りします。津川さんの情熱によってフィルムに定着された、彼ら動物たちの生き生きとした姿を映画館の大きなスクリーンで観たいものです。
 
ところで。コメント欄を読んで大きな違和感を覚えました。ここは津川雅彦氏のブログです。津川さんがお書きになった『動物たちの訃報』の記事に対して、まず感想なり意見なりを述べるのが読者としての筋ではありませんか?
 
また、ご自身がコメントを削除なさったのか判然としないのに、津川さんに非難を向ける人たちもどうかしている。多忙なお方です、むしろ事務所の方の判断により削除されたと考えるのが妥当では?
 
Y・Mさんの言い回しに乱暴な点があったのは確かです。しかし文脈をよく汲み取れば、コメント欄に「残念」「失望」「幻滅」といった津川さんを非難する言葉が続いた中で、Y・Mさんは勇気を振り絞って援護のコメントを述べただけのこと。それに対し「愛情をかけて育てられなかった」「犯罪者が増えた原因」「世間知らずの子供が大人ぶってるだけ」などとY・Mさんを中傷した人たち、こんな酷い言葉を平気で他人に投げ掛けるなんて恥ずかしくないですか?
 
光安さん。長々とした深刻な内容、相談事を津川さんご自身へ伝えたいのなら匿のコメント欄などではなく、お手紙を書くべきではないですか?そうするのが「日本的な」コミュニケーションのあり方であり、それでこそ「勇気」そして「本気」ではないでしょうか。ブログのコメント欄に書くのは非常に安易です。そもそも、津川さんがお書きになったこの記事とは無関係な内容なのですし。コメントを連投してるのはお返事を期待してのことでしょうが、やはり安易です。
 
津川さんが光安さんからの手紙をお読みになり、もしもそれに関してブログへお書きになったら、その時こそ我々ファンが意見を交換すべきだと思います。
 
津川さんがブログでお書きになる言葉を、もっと真摯な態度で感じ取りましょうよ、みなさん。
 
 

津川さん、並びに関係者の皆様、そして津川さんのファンの皆様、ブログの読者の皆様。この度は私の軽率な行動により、多大なご迷惑をおかけしました事を、この場をお借りして深くお詫び申し上げます。昨日は父の容態が悪化しまして、津川さんのブログを拝見させて頂く事ができず、まさか私のせいで、皆さんにこのようなご迷惑をおかけしている事も知らずに、本当に申し訳ございませんでした。先ほど何とか父も落ち着き少し仮眠をとろうと横になりましたが、ふと津川さんのブログが気になって開いてみましたら…もう津川さんには何とお詫びを申し上げてよいものか…津川さんには何の罪もございません。私が本当に浅はかでございました。またY・Mさんがあのようにおっしゃるのも無理もございません。あの方がおっしゃる通り、ビジネスとはそう甘いものではなく、食うか食われるかの厳しい世界です。大企業の会長様が、私のような平凡な人間に会って頂けただけでもありがたい事なのですよね。ただ、この数ヶ月の間「この件は私が責任を持つので、決して他社にはアイデアを持ち込まない事!」との支持を忠実に守り、とにかく年末までに契約を結んで頂く事だけに専念して参りましたので、この年末の土壇場に

続き
なって、当初の条件とは全く違う条件を提示され、私も混乱してしまったようです。もうあまり時間の残されていない親の事を思うと、何としても我が家を人手に渡す事だけは避けたいという思う反面、幼い我が子と同じぐらいだったあの少女が頭に浮かび、どうしても会長の意向に背いても、あのアイデアをより多くの患者さんに喜んで頂きたいという気持ちが複雑に入り交じり、自分でもどういう答えを出していいのかわからなかったのです。結局私がそのようにあれこれ迷う事自体、私の弱さの表れだと思いますが、私にはどちらも大切な事だったのです。幸い我が子は健康に恵まれておりますが、だからこそ闘病中の皆さんを少しでも元気づけられるアイテムを、できるだけ低価格でご提供したいという思いが捨てきれなかったのです。そこで、津川さんは企業家でもおありですし、子供達に夢いっぱいのおもちゃを与え続けてこられた、心優しい方ですから、是非今回の件で何か適切なアドバイスをして頂けるのではないかと思いまして、後先考えず、あのような行動に出てしまいました。またブログの書き込み自体初めての事で、自分の軽率な行動が、こんなに皆様にご迷惑をおかけする事になるとは思わず…

私の認識不足と軽率な行為により、津川さん、そしてY・Mさんに厳しいコメントが寄せられ、お二人のお心を深く傷つけてしまいました事を、どうかどうかお許し下さい。私のコメントは、恐らくあの長さと内容から考えて、悪質なイタズラと判断なさった関係者の方が削除なさったものと考えております。またそのように捉えられても仕方のない内容でございましたので、今回の件でコメントを寄せて頂きました皆様、どうか津川さんに対しての誤解を解いて頂きますよう、お願い申し上げます。またY・Mさんも津川さんをお守りしたい思いから、私にもあのようなメッセージを送られたのだと思います。また先ほど長文でコメントされていらっしゃった方のお言葉、真摯に受け止めさせて頂きます。確かにいかなる事情があったにせよ、このような場でご相談させて頂く事ではございませんでした。本当に軽率・安易な行動のなにものでもございません。本当に申し訳ございませんでした。ただ一つだけY・Mさんにお伝えしたい事がございます。それは私が津川さんに「3000万を…」との表現がございましたが、それだけは誤解なさらないで頂きたいと思っております。私はこれまで人様に金銭的なご迷惑をおかけした事はただの

続き3
一度もございません。それは私の親も同じでございます。今回の件でもお話しましたが、人様に騙される事はあっても、騙したりする事は決してできない人達です。私も幼い頃より「自分がして欲しいと思う事を人様にもして差し上げなさい。自分がされて悲しい事は決して人様にはしてはなりません」という教えを受けて育ちました。そしてその教えを私から息子に伝えながら、育児に奮闘する日々でございます。私は息子にも決して恥じない生き方をしているつもりです。勿論、沢山の友人、知人、そして家族の助けがあってこそ、今の自分があるわけで、決して自分一人の力で生きているわけではございませんが、あなたがおっしゃるような考えで生きてきた覚えは神に誓ってございません。今回のアイデアを会長様の意向通りに進めたくないのは、恐ろしい病魔と闘っておられる方々の弱みにつけこむようなビジネスはしたくなかったのです。そんな失礼な事はしたくなかったのです。きれい事ばかり言っていてはビジネスは成り立たない!そうY・Mさんのおっしゃるとおりです。私はビジネスマンとしては失格です。しかし、人としてどうしても譲れない事ってありませんか?あなた自身が難病にかかり、女性の命と

続き4
言われる髪を失った時、命を失いそうになった時、自分の子供が難病にかかった時「それも運命でしょ!」と冷たく言い放たれ、果たしてあなたは平静な気持ちで受け止める事はできるのでしょうか?私にはできません。泣いて泣いて苦しみ喚き散らす事でしょう。人間はその立場になってみないとわからない事ばかりです。ですからY・Mさんがおっしゃっていらした事の全てを素直に受け止める事ができない私を、どうぞお許し下さい。私は今回のアイデアの試作品を作成するにあたり、幼い頃よりずっと長かった髪を切り、頭を丸めました。息子にショックを与えないよう、まずはマンガの「一休さん」を見せ坊主頭に親しみを持たせ、私がどんな人達に喜んでもらえる物を作りたいのか。その為には母が頭を丸める必要がある事を、彼が納得するまで説明しました。初めは泣いて嫌がっていた彼も、やがて納得してくれて、今では3日に一度、髪剃りのお手伝いをしてくれます。そんな幼い我が子にまで協力してくれている事だけに、私は決して生半可な気持ちでこの話に取り組んでいたわけではないのです。病気で髪を失った方は毛根から抜けてあるため、男性用ヒゲ剃りで深剃りをしても、どうしても全く同じ状態には

なれませんでした。また精神的にも全く同じ状態になる事もできませんでした。なぜならば、私には「いずれは生えてくる」という安心感があるのです。しかし、病気を患っていらっしゃる方々は違います。「二度と生えてこないかもしれない」「自分は死ぬかもしれない」という恐怖がいつもつきまとうのです。私達がとても想像できる恐怖ではないと思うのです。でも自分が頭を丸める事によって、実感できた事もいくつかございました。まず頭にバリカンが入った瞬間の鏡に映った自分を見て、鳥肌が立ち、血の気が引く思いを経験した事。半月悩んで覚悟した末の行動だったとはいえ、さすがに涙が溢れて止まりませんでした。そして髪の毛が女性にとってどんなに大切な物であったのかも思い知りました。髪の毛がないだけで、自分に自信がなくなるっていう気持ちもわかりました。今は自分が作ったウィッグを着けて過ごしている為、周囲の人に気付かれる事はなく、母親さえ気付いてはおりませんが、バスに乗った時など後部座席の人の視線が気になったり、街行く人達が笑っていると、自分の事を笑われているのではないか?など、とにかく人の目が気になるのです。何十万ものお金を出して医療用のカツラを

身に着けていらっしゃっても、いつもどこかで不安な思いをなさっておられるはずです。高額なカツラを買う事も叶わず、頭にバンダナだけを身に着けていらっしゃる方々の不安を思うと、とても「運命」のひと言で見て見ぬふりのできる事ではなかったのです。きっかけは会長様から医療用の新しいアイデアを依頼された事でしたが、より患者さんの気持ちに寄り添い作品を作っていくうちに、私の中では単なるビジネスの材料として考えられなくなってしまったのです。ですから、悲劇のヒロインぶっていたつもりは毛頭なく、ビジネスをとって実家を助けるか、自分の志を通すかで真剣に悩み、人生の上でも大変尊敬申し上げている津川さんなら、どのような答えを出されるのか伺いたかっただけなのです。Y・Mさんに誤解を与えるような内容を書いたのは私の責任でございますが、どうか誤解だけは解いて頂きたいと思っております。それから色々と励ましのお言葉を頂いた皆様、本当にありがとうございました。しかし、しつこいようで申し訳ありませんが、津川さんに対しての誤解だけは解いて下さいますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。またY・Mさんに対しても津川さんと同じく、今後は厳しいコメントの書き込みは

おやめ下さいますよう、重ねてお願い申し上げます。最終的には自分で判断すべき事を、津川さんのブログをお借りしてご相談させて頂く事自体が間違っておりました。確かにこのブログは津川さんが述べられた事に対してのみコメントすべきでした。本当にに本当に皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。津川さんのブログを拝見させて頂く事はございましても、二度とこのような書き込みをするような事は致しませんので、どうぞ皆様お許し下さい。長々と申し訳ございませんでしたが、津川さんのお名前を傷つけてしまった事へのお詫び、そして皆様へのお詫び、またお騒がせした私の責任として、思いの全てを綴らせて頂き、これを最後のメールとさせて頂きます。本当に申し訳ございませんでした。今後も津川さんのご活躍を心よりお祈り申し上げております。皆様、最後までご拝読頂きましてありがとうございました。


もう光安さんのお話を伺い、ただただ驚くばかりです。後ほどまたコメントさせて頂きます。

津川さんごめんなさい。
Yさん!言い過ぎました。
でも光安さんという人は、私が思っていた以上に、強い女性だなぁと感動しました。

自分なりに色々考えさせられました。

な〜んかな〜んも考えて生きてない自分が、メッチャ恥ずかしいって感じです〜(>__<)

ひょんな事から、一生出会わないような女の人のお話が聞けちゃったって気がしてます(^_-)


津川さんの事はこれからも応援してま〜すo(^-^)o


どうか光安さんも頑張って下さいね〜o(^-^)o

げげ〜っ(@_@)!

すごくね〜?光安さんって人!

何かそのアイデアってのに命かけてるって感じ〜

丸坊主になるなんてマジありえね〜し。

あと津川さんのブログってもしかしてスタッフが書いてんの?

それもありえね〜

ま、誹謗や中傷ではなく、「ただ自分にとって都合の悪くなるようなコメント」に対してまともな対応ができない津川さんとこのブログの運営スタッフの姿勢には反吐が出ますけどね。この人の関わる作品は一切見たくなくなりましたよ。

津川さんに対して失礼な発言があった事はお詫びします。

津川さんという方は、どんな事にも真剣に取り組まれ、人間として最も大切な「情=なさけ」を持った数少ない役者さんだとファンの方々から思われていらっしゃるのです。

たとえブログを削除されたのがご本人でなくても、削除されてあったのは事実!
ファンの心を大切にされるようなスタッフをお側におかれる事も大切だと思いますよ。

それにしても光安さん。あなたの志には参りました。
何としても成功なさって下さいね。

息子さんも素晴らしい!

「すごい!」の一言!
自分ごときが簡単にコメントできる事じゃないっすね…

人声人語さんのコメントは、良識ある方のご意見だなぁと素直な気持ちで読ませて頂きました。

昨日は自分も含め、光安さんに対してあまりにも気の毒に思うあまり、津川さんに対して失礼な事を申し上げました。

しかし、先程の光安さんのメールを読ませて頂き、やはり昨日のY・Mさんのコメントは、彼女に対してとても失礼だったと思うし、彼女がY・Mさんにお詫びされたように、Y・Mさんも反省する必要はあると思いました。

確かに津川さんのブログ上でこのようなやりとりを行うのはおかしい事かもしれませんが、あそこまで丁寧な詫びのメールを書かれた彼女の心を思うと、これはもうそのような事は関係なく、意見の交換をさせてもらっても良いのではありませんか?

人声人語さんも彼女を応援してあげたいとは思いませんでしたか?

初めてコメントさせて頂きます。
私は一昨日、そして今日の光安さんのメールを読ませて頂いたのですが、彼女の思いがひしひしと伝わり、面識も何もない方ですが、何とか彼女を応援したくなりました。
しかし、彼女も言われていたように、津川さんには何の罪もないと思いますので、今後は津川さんを非難されるようなコメントをするのはやめませんか。
そうでないと、彼女はこのブログを開く度に辛いと思います。

やっぱ、人声人語さんのコメントには、みんな思うところあったみたいやね。

オレ的には彼女の事情もよう知らんと、あんまり責めんでやっとき〜って思いよったんやけど、ピタ〜ッと津川さんへの非難コメントなくなったし。

まぁ、それぞれに考えんといかんかったんやない?

それにしてもすっげー長い文書いとったやん、彼女。
すげー真面目な人なんやないかいな?

彼女題材にして本書いたら売れるんやない?

いつもコメントはしないけど、今日はちょっだけ…


津川さん、何でブログ休んでるんですか〜?


コメント削除した人がいつも書いてたんですか〜?


そろそろ更新してくれないと、みんなそう思っちゃいますよ〜!


ちなみに私は津川さんを信じてますけどo(^-^)o


P.S.光安さん、頑張って下さい。応援してますね〜!

いつも楽しく拝見しています。応援してます。お仕事がんばって下さいね。

先日からのやりとりを見てて思ったんですが、こんな夢の持てない時代だからこそ、自分の夢の実現に向かって頑張っている人をみんな応援したいのかもしれませんね。

夢と言えば=津川さん。子供達に夢を与え続けてこられた津川さんなら、光安さんの良き理解者になってあげられるんじゃないかって、みんな期待してたんですよ。きっと!

人声人語さんの説得力のあるコメントで、みんなの気持ちも落ち着いたようですね。

私もあの方の諭し方は素直に受け入れる事ができました。

YMさんのコメントは、やはり乱暴過ぎて私も不快に感じた一人です。

しかし、津川さんのみならず、YMさんにもきちんとお詫びのコメントをされてた彼女。何か大人の女性の対応っていうか、私も見習わなければ…って思いました。

人声人語さんが言われてた事はなるほどだなぁって思いましたが、彼女の事情を把握した上での見方もしてあげて欲しかったとも思いました。

ただひたすら、みんなにお詫びの言葉を述べられていた彼女。何かとにかく強烈なインパクトを残して行かれました。

今どきあんなに熱い人がいるんだなぁって、自分まで嬉しくなったのは私でした。

津川さん、こんばんは。
そろそろ更新されてあるかと思ってみたら、何か色々あったご様子…
津川さんのブログ更新、皆さん首を長くしてお待ちですよ!

津川さん、映画の公開が待ち遠しいですね。
ナナちゃんとリキヤ君の姿、しっかりと目にやきつけてきたいと思います。

あと全く別の話で恐縮ですが、私も光安さんという方がとても気になってます。
今後はもうコメントはされないっておっしゃってましたが、これだけ皆さんから関心を持たれた彼女の決断の行方!非常に気になるところです。

津川さん、お久しぶりですッ! すごいですネぇ。トークショーとか旅行ツアーに組み込まれてるんですネ!映画は必ず彼女と見に行きます!楽しみにしています!次郎長も見ましたヨ。 それにしても、ここまでくると、津川さんもブログ更新しにくいですヨネ?! 心中お察しいたしますp(^^)q

色々な意味で、津川さんの人間味あふれるコメント期待してますよ。
あと光安さん!良かったらその後の話とかコメントしてもらえるとありがたいな。
幼い息子さんにマンガの一休を見せて、坊主頭に親しませた上で…って話。かなりリアルでジーンときました。
何とか頑張って下さい。

追伸
津川さん。映画見に行かせてもらうつもりです。

津川さん。

先日は大変失礼な事を申し上げました。どうぞお許し下さい。

しかし、私の思いは変わってはおりません。

むしろ、昨日の光安さんのメールを読ませて頂き、尚更彼女を応援してあげたくなりました。

女性が頭を丸めるなんて、とても生半可な気持ちでできるような事ではありませんよね。

70近い私でさえ、そのような勇気はございません。

彼女自身、ご自分で決断された事とはいえ、涙が止まらなかった!とおっしゃっていましたよね。

本当に強い意志を持たれた女性だと思いました。

今更、津川さんからのアドバイスを待っていらっしゃるとは思えませんし、既にご自分で決断をされていらっしゃるかもしれません。
しかし、我々の年代の役目と申しますか、一生懸命生きているこれからの世代の人に、一言でよいので励ましのエールを送ってあげて頂けませんか!

つまらないドラマや小説を読むより、ぐっと胸を打つお話だったと思います。

それでは津川さん。これからも変わらず応援させて頂きますので、お体に気を付けられ、お仕事頑張って下さい。

津川さんのブログが読みたいんです!撮影秘話とか動物達の事とか、もっと教えて下さい! ブログ更新される事、心から望んでいます。

動物たちの素朴で自然な姿っていいですよね。
最近は人間にしろ動植物にしろ生(生命の方が正しいかな)を大切にしない風潮がありますが、こういった動物たちの生死から学ぶべきところがあるのではないかと思います。
そういった意味で津川さんが縁した動物園の彼らの死を受け止め、それを大切に思う姿を大勢の人に学んでもらいたいものです。
これからもご活躍期待しております。
(相棒の津川さんも気に入っており、今後もさらに出番があればうれしいのですが・・・汗)

「わたしは貝になりました」ってわけですか?
ん〜丁度そんな映画もやってるし、それもいいかもしれませんね。
そのうちほとぼりも冷めるでしょうし…
どうか頑張って下さい。
応援してますから。

しら〜〜(-_-)
さすがに皆さん待ち疲れたみたいですね。
コメントする気も失せますよね。

動物は大事にしたいですね。
海ガメも絶滅の危機に晒されてるようです。

コメントする

グランパパホームページ
グランパパオンラインショップ
グランパパオンラインショップ
グランパパ青山店

住所:東京都渋谷区神宮前5-51-8
ラ・ポルト青山2階
電話 03-6419-9678
営団表参道駅+徒歩4分