間違いました!訂正します。

24日放送の『徹子の部屋』で、雪投げをする象を亡くなったナナちゃんだと紹介しましたが、間違いました。
雪投げしたのは、秋田大森山動物園のオスのだいすけくんでした。
貴重な交尾のシーンが撮れたのも、大森山のだいすけくんとメスの花子ちゃんでした。
亡くなったナナちゃんはトップシーンに出てきて象舎の中で飼育係の長門裕之とスキンシップする象がナナちゃんです!
最後に旭山動物園が入園者日本一になった時に、西田園長と二人で、喜びのダンスをするのもナナちゃんでした。慎んで訂正します!
25日の朝日新聞の長門裕之との対談で、これからのテレビ時代は
『夫婦仲良くが良いんだ。』と、津川が兄貴に教えたように書かれていますが、これも間違いです。
これは長門が津川に教えたのが本当です。
これは朝日新聞側の単純ミスです!

written by : 津川雅彦 : 2009年2月26日 13:34
| コメント(5) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 間違いました!訂正します。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.santanokakurega.com/mt/mt-tb.cgi/175

コメント記入の注意事項について
  • 明らかにこのブログに関係のない内容の書き込みはお控えください。
  • 不特定多数の方が読まれる事を前提としていますので、特定の人物を中傷する書き込み等は禁止致します。
  • 自分のまたは他人の住所や電話番号といった個人情報は書き込まないでください。
  • メッセージの内容によっては当方の判断で予告無しに削除する事がございます。ご了承下さい。
  • ルールをお守り頂けない事により生じたトラブルについては当ブログでは責任を負えませんのでご注意下さい。

コメント(5)

津川様
なるほど、そうだったんですか。「徹子の部屋」楽しく見させていただいて、その直後にこのコメント、すごいタイムリーでさらに楽しませていただきました(失礼をお許し下さい)。それにしても、長門さんとスキンシップ&西田園長とダンスしたナナちゃんがもうこの世にいないと思うと寂しい限りです。映画を観る時にも心して観たいと思います。合掌。

残念ですね。映画に出てくる動物達が、幸福を少しでも掴んで亡くなったのであれば。それはそれで、良いのではないでしょうか。話は変わりますが、夫婦のあり方もいろいろあるのだと思います。

やっと映画見ました。小学生のころに京都岡崎の動物園に行きましたが、剥製だらけで、悲しかったです。あれいら動物園行ってないのです。やっと本物の動物園に行けました。たとえ映画館でも、動物に触れた気がします。俳優さんがみんないいですね。うまく役にはまっていて。西田さんはもちろん、皆さん適役で。兄さん可愛そうに死にましたね。ほかの映画でも兄さん死にました。落語家の映画で。長門さんは死に方がうまい。また死なせて上げてください。地方が今逼塞してます。でも浮上する知えっさせだせばふじょする機会があることをこの映画は教えてくれました。まあ結果があって映画が出来たわけですが、これでさらに多くの方が行かれます。政治家には出来ない快挙。でも政治家にはならないでくださいね。映画で社会をチェンジしてください。古い星の同窓生より

ごめんなさい。誤字、脱落、変換ミス。中身確認せずに先に投稿ボタン押して。

ごめんなさい。誤字、脱落、変換ミス。中身確認せずに先に投稿ボタン押して。

コメントする

グランパパホームページ
グランパパオンラインショップ
グランパパオンラインショップ
グランパパ青山店

住所:東京都渋谷区神宮前5-51-8
ラ・ポルト青山2階
電話 03-6419-9678
営団表参道駅+徒歩4分