2010年7月アーカイブ

民主党過半数割れ!日本列島に、神風が吹き抜けた。

2010年7月23日 15:22

だが…
自民党が信頼を取り戻した訳ではない。

自滅した民主党に
比例区で400万票も
抜かれている。

国民への説得力が
一向に持てない、
谷垣さんは
今こそ辞任し、
人事を一新し、
自民党に
信頼と活気を取り戻すべし。
神風が吹いたチャンスを活かすべし。

神風は、
日本人が2千年間、
育んで来た
『バランス感覚!』
『中庸』の精神を、
神が喝采した証拠だ。

地方が、
マスコミの洗脳に、
翻弄されなかったのは
何より嬉しい。

一億総白痴化され、
文化どころか、
政治迄が、
薄っぺらにされた
都会の茶の間。

そんな中、
都市にもかかわらず、
千葉法相を落選させ。
痛快な一矢を放った
神奈川県民の、
大和魂は健在だ。

法に定められた
死刑制度を尊守せず。
警察官、検察官、裁判官、被害者の
苦労、苦悩の末の
判決を徒労に帰し、
入国管理法まで
無視する無法者を、
法の番人にしたのは、
無責任内閣の極み。

法相の地位を得ながら、夫婦別姓、
新たな人権侵害を生む恐れのある、
人権侵害救済法等、
怪しき法案を推進した挙げ句。
国民にノーを宣告された大臣を、
30日以上留任させるのは、
憲政史上、例がない。

参院選敗戦時に、
『これからは、
国民の意思を尊重する政治を』
と誓った菅首相、
その口で、
千葉留任発表は、
国民審判無視。
民意軽視。
有権者愚弄。

口先三寸鳩山。
二枚舌小沢。
虚言詭弁の菅。

タレント候補の、
厳しい選挙となったのも、
選挙民の進化だ!

民主党に無駄な
300余議席を与えてしまった反省が
一票の重みに繋がったのなら頼もしい。

参議院は良識の府。
一流の文化人なら、
参加するのは結構。

…が、
売れなくなった、
落ち目のタレントを
知名度に頼って
立候補させるのは、
如何なものか?

東国原やノックの
例を待つまでもなく、宣伝マン以上の事が
出来る訳がない。

衆議院選出馬を
頼まれた相手の顔に泥を塗るような、
『総裁にしろ』との
オチョクリは、
元漫才師として、
マスコミに受けても、
誠実さに欠け、
下品過ぎる。
一国の知事として
信頼も落とした。

その口が災いを招いしたか?
口蹄疫。
国家の一大事に当たり、
情に流され
殺処分の躊躇や、
検査もさせずに、
殺処分してしまったり、
素人のリーダーに、
差配させる不安と害は、
計り知れない。

蓮舫しかり、
パフォーマンス用の
『仕分け』で
『二番じゃ駄目なの?』は、
文化人としても失格、
もの作りのプロセスを
知らないド素人。

生涯三割打者を貫いた衣笠選手は
『バッターボックスに立てば、
ピッチャーが投げる、
一球一球の、
全てをヒットにする
気迫で立ち向かった。
その結果が三割だ!』と…。

二番で良いと言う
怠慢と詭弁が、
国を滅ぼす。

結果、
世界に誇る『はやぶさ』の予算17億を、
三千万にまで、
削ってしまった害は、
計り知れない。

軽すぎるタレント大臣は、
抜擢された途端に
『やっぱり一番が良い』と安易に訂正。

『科学者が成果を出すには、
膨大な試行錯誤が伴う。
皆が凄いと言ったから見直すでは、
科学者の挑戦への気骨、矜持を踏みにじる。』事になる

国益に致命的損失を、もたらした蓮舫を、
大臣にした大バカ
!
170万票も入れた、
お馬鹿な東京の住民は、
殆どが、故郷を捨てた根なし草の集まり。民度の低い、
ミーハーの掃き溜めになりやすい
大都市の象徴的現象。

谷は一流のスポーツマンだが、
金メダルと子育てでも大変なのに、
何故、政治家と掛け持ちするの?

打算でも姑息でもなく

見習うべき根性だと。
子供に説明出来るのか?

選挙最終日の
富士登山パフォーマンスを、
大々的に取り上げた。
スポーツ紙やテレビ。
候補者の平等性、
公平さを欠く、
次回から
差別的報道は、
選挙違反として
厳格に取り締まるべし!

政局に緊迫度が増す
昨今。
8月の富士登山を発表した谷垣総裁。
何用あって富士山へ?

ロードバイク事故で、
世間を騒がせ、
今度は登山で遭難でも
して見せる気だったか?
陳腐過ぎると
党内からもクレームが出て、
取り止めたらしい。

そんなに暇なら
靖国を参拝し、
中国に内政干渉をさせ、
返す刀で、
共産国の人権軽視と
言論弾圧を斬って捨てて見せては如何?

民主党には
絶対出来ない芸当。
谷の真似より
余程まし。

マスコミが主導権を
握った、
ここ数年。
民意とマスコミの支持率に、
政治が寄り添おうと
し過ぎ、
政治の閉塞を招いている。

支持率の、
鳩山政権誕生から、
末期に至り、
更に菅内閣誕生、
参議院選挙敗北までの
乱高下は異様だ。

政治家に、
最も大切な資質は、
日本を愛する
真摯な心だ。

国益に叶う政策を、
国民に媚びる事なく、
一人一人に『説明』し、信念を持って、
『説得』する
その誠実さだ。

民主党大敗の原因は、
政治と金、
普天間の『説明なし』

ばら蒔きマニフェスト
と軽すぎた増税発言に
よる、
『説得力なし』

更に、
これからの政治家に
求められるのは、
国の将来の方向性の
提示。
『見える危機』への
政策と対処だ。

written by : 津川雅彦 : 2010年7月23日 15:22
| コメント(847) | トラックバック(0)
グランパパホームページ
グランパパオンラインショップ
グランパパオンラインショップ
グランパパ青山店

住所:東京都渋谷区神宮前5-51-8
ラ・ポルト青山2階
電話 03-6419-9678
営団表参道駅+徒歩4分